コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

EAS プロキシの移行

Sophos Mobile の EAS プロキシを使用している場合は、Sophos Central 用に設定する必要があります。

Sophos Mobile の内部 EAS プロキシを使用している場合は、代わりにスタンドアロン型 EAS プロキシを設定する必要があります。内部 EAS プロキシは、Sophos Central では使用できません。詳細は、スタンドアロン型 EAS プロキシを参照してください。

既にスタンドアロン型 EAS プロキシを使用している場合は、その設定を更新する必要があります。次の手順を実行します。

  1. Sophos Mobile Admin にサインインします。
  2. セットアップ > Sophos セットアップ > EAS プロキシ」をクリックします。

    このページを開いたままにします。次のステップで、使用する必要があります。

  3. スタンドアロン型 EAS プロキシをインストールしたコンピュータの Windows の「スタート」メニューで、「Sophos Mobile EAS Proxy > EAS Proxy Configuration Wizard」を選択し、設定アシスタントを起動します。

  4. Sophos Mobile server configuration」ページで、Sophos Central Admin ページの「外部サーバー」に表示されているサーバー URL を入力します。

    Sophos Mobile サーバーの URL

    「EAS Proxy Configuration Wizard」にサーバー URL を入力します

  5. EAS Proxy instance setup」ページで、「Export config and upload to Sophos Mobile server」をクリックします。

    プロキシ証明書を含むフォルダが開きます。

  6. 証明書を Sophos Central にアップロードします。

    Sophos Central Admin ページで、「ファイルのアップロード」をクリックし、証明書ファイルに移動して、「開く」をクリックします。

    EAS プロキシ証明書をアップロードします

  7. 複数の EAS プロキシのインスタンスを構成した場合は、上記の手順を繰り返して、残りのインスタンスの証明書をアップロードします。

  8. 設定アシスタントの最後のページで、EAS プロキシサービスを開始するオプションが選択されていることを確認します。

    EAS プロキシサービスを開始するオプションを選択します

  9. 移行を開始する前にメールフィルタリングをオフにした場合は、再度オンにします。

    • プロキシモードでのスタンドアロン型 EAS プロキシ:

      EAS プロキシの設定ファイル、easproxy.conf.xml を開き、テキスト verificationEnabled="false" の出現箇所すべてを verificationEnabled="true" に変更します。

    • PowerShell モードのスタンドアロン型 EAS プロキシ:

      PowerShell コマンド、Set-ActiveSyncOrganizationSettings を実行し、移行を開始する前に使用した値に DefaultAccessLevel パラメータを設定します。

トップへ