コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

追加の移行タスク

設定によっては、移行を完了するためには、Sophos Central でいくつかの手動タスクを実行する必要があります。

このような手順は、デバイスの移行が開始されるとすぐに実行できます。つまり、移行アシスタントの「データ転の進行状況」に、「\台中 \台の Android デバイスが転送されました」というエントリ (他のプラットフォームの場合は同等のエントリ) が表示されると実行できます。

Sophos Central Admin で、次の手順を実行します。

  1. Sophos Mobile Self Service Portal へのアクセスを設定します。詳細は、Sophos Mobile Self Service Portal へのアクセスの設定を参照してください。
  2. 移行アシスタントによって、次の項目の名前に追加された可能性のある「Copy」というテキストを削除します。

    • アプリ
    • アプリグループ
    • ポリシー
    • タスクバンドル

    移行後に、「Copy」というテキストが項目名に追加されている場合があります

  3. 必要に応じて、次の機能を設定します。

    • Intune アプリ保護
    • ビジネス向け Android の QR コードによる登録
    • Android ゼロタッチ登録
    • Samsung KNOX Mobile Enrollment (KME)
    • Sophos Chrome Security の自動登録
    • Sophos Intercept X for Mobile 用のサードパーティの EMM (Enterprise Mobile Management) の統合
    • Apple Configurator を使用した iOS の自動登録
    • TeamViewer との統合
  4. EAS プロキシを使用している場合は、Sophos Central 用に設定します。詳細は、EAS プロキシの移行を参照してください。

  5. Sophos Central のユーザーアカウントが Active Directory (AD) からインポートされている場合は、Sophos Mobile と AD 間の LDAP 接続を設定します。

    これにより、ユーザーは、Apple Business Manager や、Google のゼロタッチ登録、Samsung Knox Mobile Enrollment に対して、AD の認証情報を使用できるようになります。

    詳細は、LDAP 接続の設定 (Sophos Mobile 管理者ヘルプ) を参照してください。

トップへ