コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

移行チェックリスト

このチェックリストは、「移行の準備」、「移行」、および「移行後のタスク」セクションの要約版です。これを使用して、移行状態を追跡できます。

  1. 移行をブロックする機能を使用していないことを確認します。

    • Windows Mobile または Windows Phone デバイス
    • SafeGuard Enterprise との社内鍵リングの同期
    • Sophos UTM との連係
    • サードパーティ製の NAC (ネットワーク アクセス コントロール) ソフトウェアとの連係
    • Android デバイスの Duo Security との連係
    • Active Directory を除く、LDAP ユーザー管理
    • サードパーティ製アプリのレピュテーション ベンダーとのアプリグループ API の連係
    • その他 Sophos Mobile の REST API
  2. すべてのデバイスに、対応している OS が搭載されていることを確認します。

    詳細は、対応しているデバイスの OSを参照してください。

  3. ファイアウォールで、Sophos Central からの受信接続が許可されていることを確認します。

    詳細は、AD および SCEP 接続の IP アドレスを参照してください。

  4. 必要に応じて、次の項目が最新であることを確認します。

    • Sophos Mobile サーバー
    • APNs 証明書
    • 外部 EAS プロキシ
  5. Sophos Central アカウントを設定します。

  6. Sophos Central から移行トークンをダウンロードします。
  7. 必要に応じて、Sophos Mobile の自動登録をオフにします。

    • ビジネス向け Android の QR コードを無効にします。
    • Android のゼロタッチ設定を無効にします。
    • Samsung Knox Mobile Enrollment (KME) の設定を無効にします。
    • Sophos Chrome Security 用の Google Workspace の接続コードを無効にします。
    • Sophos Intercept X for Mobile 用のサードパーティ接続コードを無効にします。
    • デバイスグループの設定で、Apple Configurator を使用した iOS の自動登録をオフにします。
  8. 必要に応じて、TeamViewer との統合をオフにします。

  9. 同期しなくなった非アクティブなデバイスの登録を解除し、削除します。
  10. Sophos Mobile アプリをアップデートします。
  11. 必要に応じて、Sophos Mobile EAS プロキシを使用したメールフィルタリングをオフにします。
  12. 移行アシスタントを起動します。
  13. 移行アシスタントで報告される問題を修正します。
  14. 移行アシスタントの最後のページに到達したら、移行を開始します。
  15. 移行アシスタントがデバイスの移行を開始するまで待ちます。そして、次の手順を実行します。

  16. Sophos Central で、移行されたデータをで確認します。

  17. Sophos Central でユーザー管理を設定し、ユーザーを Sophos Mobile Self Service Portal に登録します。
  18. 必要に応じて、次の手順を実行します。

    1. Sophos Central で Intune アプリ保護を設定します。
    2. Sophos Central で、Sophos Mobile の自動登録を設定します。
    3. Sophos Mobile EAS プロキシを使用したメールフィルタリングをオンにします。

警告

iPhone、iPad、Mac、または Windows コンピュータを移行する場合は、移行後も Sophos Mobile サーバーを稼働させておく必要があります。これらのデバイスは、移行後も Sophos Mobile サーバーに接続されたままになります。

なお、ライセンスや Sophos Mobile サーバーのソフトウェアを更新する必要はありません。移行後、サーバーの負荷は軽減されるため、サーバーハードウェアの縮小を検討することもできます。

トップへ