コンテンツにスキップ

EAS プロキシの移行の準備

Sophos Mobile EAS プロキシを使用している場合、Sophos Central 用にスタンドアロン型 EAS プロキシを設定するまで、メールフィルタリングを一時的にオフにすることを推奨します。この操作を行わないと、既に移行されているデバイスはブロックされてしまいます。

警告

オンプレミスの Sophos Mobile サーバーの場合、メールフィルタリングをオフにすると、Sophos Central に移行するカスタマーだけでなく、すべてのカスタマーに変更が適用されます。

メールフィルタリングをオフにするには、EAS プロキシの種類 (内部、スタンドアロン、PowerShell モードのスタンドアロン) に応じた手順を実行します。

内部 EAS プロキシのメールフィルタリングをオフにする方法

ここで説明する手順を実行するには、まず、移行アシスタントの実行の説明に従って、移行アシスタントを起動する必要があります。そうしないと、「すべてのデバイスを許可」設定は使用できません。

次の手順を実行します。

  1. スーパー管理者権限で Sophos Mobile Admin にサインインします。
  2. サイドバーのメニューの「設定」の下の「セットアップ > Sophos セットアップ」をクリックし、「EAS プロキシ」タブをクリックします。
  3. 内部サーバー」で、「すべてのデバイスを許可」を選択します。
  4. 保存」をクリックします。

「すべてのデバイスを許可」の選択

プロキシモードで、スタンドアロン型 EAS プロキシのメールフィルタリングをオフにする方法

次の手順を実行します。

  1. EAS プロキシの設定ファイル、easproxy.conf.xml をテキストエディタで開きます。

    ファイルは、インストールフォルダにあります。デフォルトの場所は以下です: C:\Program Files (x86)\Sophos\Sophos Mobile EAS Proxy\

  2. テキスト verificationEnabled="true" の出現箇所すべてを verificationEnabled="false" に変更します。

    設定した EAS プロキシのインスタンスごとに、出現箇所が 1つあります。

    easproxy.conf で、verificationEnabled を「false」に設定します

  3. ファイルを保存します。

  4. Windows で「サービス」を開いて、「EASProxy」サービスを起動します。

    EASProxy サービスの再起動

PowerShell モードで、スタンドアロン型 EAS プロキシのメールフィルタリングをオフにする方法

次の手順を実行します。

  1. Exchange Online PowerShell に接続するか、または Exchange サーバーを使用している場合は、Exchange 管理シェルを開きます。

    詳細は、Microsoft の文章、Exchange Online PowerShell に接続するおよび Exchange 管理シェルを開くを参照してください。

  2. 次のコマンドを実行します。

    Get-ActiveSyncOrganizationSettings
    

    DefaultAccessLevel の値を記録します。この値は、メールフィルタリングを再度オンにするときに必要となります。

  3. 次のコマンドを実行します。

    Set-ActiveSyncOrganizationSettings -DefaultAccessLevel allow
    
トップへ