コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

移行の準備

移行を開始する前に、いくつかのタスクを完了する必要があります。

制限事項

複数のカスタマーアカウントを同じ Sophos Central アカウントに移行することはできません。

次の手順を実行します。

  1. 移行をブロックする機能を使用していないことを確認します。

    • Windows Mobile または Windows Phone デバイス
    • SafeGuard Enterprise との社内鍵リングの同期
    • Sophos UTM との連係
    • サードパーティ製の NAC (ネットワーク アクセス コントロール) ソフトウェアとの連係
    • Android デバイスの Duo Security との連係
    • Active Directory を除く、LDAP ユーザー管理
    • サードパーティ製アプリのレピュテーション ベンダーとのアプリグループ API の連係
    • その他 Sophos Mobile の REST API
  2. すべてのデバイスに、対応している OS が搭載されていることを確認します。

    詳細は、対応しているデバイスの OSを参照してください。

  3. ファイアウォールで、Sophos Central からの受信接続が許可されていることを確認します。

    詳細は、AD および SCEP 接続の IP アドレスを参照してください。

  4. 次の内容が最新であるかどうかを確認します。

    1. オンプレミスの Sophos Mobile サーバーを使用している場合は、最新のバージョンおよびパッチレベルにアップグレードします。
    2. iPhone や iPad を管理している場合は、Apple Push Notification Service (APNs) の証明書の有効期限が切れていないことを確認します。

      APNs 証明書の有効期限が切れた場合は、Sophos Mobile Admin ダッシュボードに通知が表示されます。

    3. スタンドアロン型 EAS プロキシを使用している場合は、最新バージョンにアップグレードします。

      EAS プロキシが最新でなくなると、Sophos Mobile Admin ダッシュボードに通知が表示されます。

  5. Sophos Central アカウントを設定します。

    1. スーパー管理者」ロールを持つ管理者アカウントを作成します。
    2. Sophos Mobile ライセンスをアクティベートします。
    3. 必要に応じて、グローバル設定を行います。

    このようなタスクおよび以下のタスクの詳細については、Sophos Central Admin ヘルプを参照してください。

  6. 任意: Sophos Central で、Active Directory サーバーとの同期を設定します。

    セルフサービス ポータル 設定で使用するユーザーグループが、Sophos Central で使用可能であることを確認します。

  7. 任意: Sophos Central に既にユーザーを追加済みの場合は、Sophos Mobile Self Service Portal にユーザーを登録します。

    詳細は、Sophos Mobile Self Service Portal へのアクセスの設定を参照してください。

  8. Azure Active Directory でフェデレーション認証を使用している場合は、次の手順を実行します。

    1. Sophos Mobile で、フェデレーション認証をオフにし、内部ユーザー管理など、別のユーザー管理モードをオンにします。
    2. Sophos Central で、フェデレーション認証を設定します。
  9. Sophos Central から移行トークンをダウンロードします。

    1. Sophos Mobile Admin にサインインします。

      モバイルを参照

    2. サイドバーのメニューの「設定」の下の「セットアップ > Sophos セットアップ」を選択し、「インポート」タブを選択します。

    3. ダウンロード」をクリックします。

    Sophos Central からの移行トークンのダウンロード

    移行トークンを含む sophosmobile_migration.target ファイルが、コンピュータにダウンロードされます。

  10. 必要に応じて、Sophos Mobile の自動登録をオフにします。

    • ビジネス向け Android の QR コードを無効にします。
    • Android のゼロタッチ設定を無効にします。
    • Samsung Knox Mobile Enrollment (KME) の設定を無効にします。
    • Sophos Chrome Security 用の Google Workspace の接続コードを無効にします。
    • Sophos Intercept X for Mobile 用のサードパーティ接続コードを無効にします。
    • デバイスグループの設定で、Apple Configurator を使用した iOS の自動登録をオフにします。

    設定をオフにする前に、設定内容を記録することを推奨します。これによって、移行後に Sophos Central で設定を再現するのに役立ちます。

  11. 必要に応じて、TeamViewer との統合をオフにします。

  12. Sophos Mobile で、同期しなくなった非アクティブなデバイスの登録を解除し、削除します。
  13. Sophos Mobile アプリをアップデートします。

    Android デバイス、iPhone、iPad 上の Sophos Mobile アプリは次のとおりです。

    • Sophos Mobile Control
    • Sophos Intercept X for Mobile
    • Sophos Secure Workspace
    • Sophos Secure Email Chrome デバイス上の Sophos Mobile アプリ (または拡張機能) は Sophos Chrome Security です。

    Sophos Mobile アプリのアップデートの手順に従うことを推奨します。

Sophos Mobile EAS プロキシを使用している場合は、移行を開始する前に、それを準備する必要があります。

Sophos Mobile EAS プロキシを使用していない場合は、移行アシスタントの実行に進んでください。

トップへ