コンテンツにスキップ
最終更新日: 2022-07-08

ユーザーのインポート

Sophos Mobile Self Service Portal でのデバイス登録をテストしたら、ユーザーのリストを Sophos Mobile にインポートできます。

ユーザーのインポートは、内部ユーザー管理を選択している場合のみが対象です。外部ユーザー管理の場合、特定の LDAP グループに属するすべてのユーザーはシステムにログインできます。

最大 500 ユーザーまでインポートできます。

指定したグループが存在しない場合は、Sophos Mobile でグループが作成されます。

CSV ファイルの形式は次のとおりです。

  • 最初の行はヘッダとして扱われるため、インポートされません。
  • カンマではなく、セミコロンで区切って値を入力してください。
  • 任意の値を指定しない場合でも、すべての行に正しい数のセミコロンが含まれている必要があります。
  • ファイル拡張子は、.csv にしてください。
  • アルファベット以外の文字が正しくインポートされるようにするには、文字コードを UTF-8 に指定してください。

ヒント

ユーザーのインポート」ページで、「サンプル CSV」をクリックして、サンプルファイルをダウンロードします。

CSV ファイルからユーザーをインポートする方法は次のとおりです。

  1. サイドバーのメニューの「管理」で、「ユーザーとグループ」をクリックします。
  2. ユーザーのインポート」をクリックします。
  3. ユーザーのインポート」ページで「登録メールの送信」をクリックします。
  4. ファイルのアップロード」をクリックして、用意した CSV ファイルを参照します。

    ファイルから項目が読み込まれ、画面に表示されます。

  5. データの形式が正しくない場合や、データに不整合がある場合は、ファイル全体が取り込めなくなります。この場合、問題のある項目の右側に表示されるエラーメッセージを確認し、CSV ファイルの内容を修正したら、ファイルをアップロードしなおします。

  6. 完了」をクリックしてユーザーアカウントを作成します。

ユーザーがインポートされ、「ユーザーとグループ」ページに表示されます。ユーザーは、Sophos Mobile Self Service Portal の認証情報が記載されたメールを受信します。

トップへ