コンテンツにスキップ

紛失モードの有効化

制限事項

このセクションの内容は、iPhone および iPad のみを対象にしています。

盗難・紛失にあった場合、iPhone または iPad を紛失モードに切り替えることができます。

紛失モードに切り替えたデバイスで実行できるのは次の操作のみです。

  • 管理者が設定した電話番号に発信する。
  • 緊急通話を行う。

警告

Sophos Mobile Self Service Portal で紛失モードに切り替えた場合、iCloud で無効にすることはできません。また、その逆も同様です。

紛失モードの有効化

紛失モードをオンにするには、次の手順を実行します。

  1. Sophos Mobile Self Service Portal で、「マイ デバイス」をクリックして、該当するデバイスをクリックします。
  2. アクション > 紛失モードの有効化」をクリックします。
  3. 次の設定を行います。

    • ロック画面のメッセージ: 画面ロック時に表示されるテキスト。
    • ロック画面の電話番号: 画面ロック時にかけることのできる電話番号。
    • フッター: 画面ロック時に画面の下に表示される脚注。

      脚注を設定しない場合、管理者に問い合わせることを指示する標準のメッセージが表示されます。

  4. 操作を確定します。デバイスで、ただちに紛失モードが有効になります。

紛失モードのアクション

デバイスで紛失モードが有効になっている場合、Sophos Mobile Self Service Portal で次の操作を行うことができます。

  • デバイスの位置情報を確認するには、「位置情報取得」を使用します。
  • デバイスで音を鳴らすには、「紛失モードのサウンドの再生」を使用します。
  • 管理型紛失モードをオフにするには、「紛失モードをオフ」を使用します。
トップへ