Web フィルタリング

「Web フィルタリング」は、カテゴリに基づいて、Web サイトへのアクセスを制御する機能です。悪意のあるコンテンツや不適切/違法なコンテンツを掲載する Web サイトの閲覧を防止できます。

Web フィルタリングの設定

Wi-Fi フィルタリングは、ダッシュボードの「ネットワークセキュリティ」にあります。

  • Web フィルタリング」ページで、Web フィルタリングをオンにします。
  • 悪質な Web サイトのフィルタリングを有効にするには、「悪意のあるコンテンツ」をタップして、「警告」または「ブロック」を選択してください。
  • 特定のカテゴリに属する Web サイトのフィルタリングを有効にするには、対象のカテゴリをタップして「警告」または「ブロック」を選択します。
  • 許可リスト: 特定の悪意のあるページや、指定されたカテゴリに属するページに関する警告を、常に表示しないようにすることもできます。この機能は、よく閲覧するページが警告やブロックの対象となっているカテゴリに属する場合に便利です。「Web フィルタリング」の警告ダイアログで「常にこのページへのアクセスを許可する」を選択します。許可したページが再度フィルタリングされるように設定するには、「許可するページのリストを消去する」をタップします。
ヒント: ソフォスは、Web フィルタリング機能をテストいただけるよう、各サイトカテゴリのテスト用リンクをまとめた Web サイト「sophostest.com」をご用意しました。一部のリンクは、不快あるいは危険なページとして分類されますが、リンク先のコンテンツ自体はすべて無害なものです。

対応している Web ブラウザ

Web フィルタリングは、「保護されているブラウザ」にあるアプリのいずれかを使用する場合、保護を提供します。

対応ブラウザは次のとおりです。

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Android の Web ブラウザ
  • Microsoft Edge

保護されているブラウザ (未検証)」には、検証されていないが、動作すると思われるアプリが表示されます。

ヒント: サポートされている Web ブラウザがデバイスにインストールされているにもかかわらず、「保護されているブラウザ」の下に表示されない場合は、システム設定の「ユーザー補助」で、Sophos Accessibility Service がオンになっていることを確認してください。