設定

設定

説明

スケジュール検索

定期的に自動検索を実行します。

スケジュール検索の頻度

スケジュール検索の頻度。

毎日 (充電時)」を選択すると、デバイスが 30分以上電源につながっていると検索が実行されます。

許可されたアプリの管理

タップすると、許可されたアプリの一覧が表示されます。このリストに表示されるアプリは検索結果には表示されません。各アプリはリストから削除できます。削除したアプリは、再び「脅威および不要と思われるアプリケーション」リストに表示されるようになります。

デフォルトのクリア

リンクを開くデフォルトのアプリとして Intercept X が指定されている場合、タップすると設定を解除できます。

システム アプリの検索

Android システムアプリを検索の対象にするには、これを選択します。

システム アプリは Android で保護されており、ユーザーは削除できないため、デフォルトで検索されません。

ストレージの検索

SD カードや USB ストレージデバイスを検索の対象にするには、これを選択します。

不要と思われるアプリの検出

不要と思われるアプリ (PUA) の検出をオンにするには、これを選択します。

不要と思われるアプリは悪質ではないものの、一般に業務には不適切と考えられているアプリです。不要と思われるアプリには主に、アドウェア、ダイヤラー、システムモニター、リモート管理ツール、ハッキングツールなどがあります。ただし、このカテゴリに分類されているアプリのなかにも、一部ユーザーで有用と捉えられているものもあります。

アプリのレピュテーション

レピュテーションの低いアプリの検索をオンにするには、これを選択します。

レピュテーションの低いアプリは、Sophos Live Protection のデータに基づいて信頼度が低いと識別されるアプリです。

検索の通知

検索後、アプリが感染していないことを通知するには、これを選択します。

選択を解除した場合、マルウェア、不要と思われるアプリ、およびレピュテーションの低いアプリに関する通知のみが表示されます。

Android デバイスにアプリをインストールしたり、SD カードや USB ストレージデバイスからアプリを起動すると、Sophos Intercept X for Mobile でアプリの検索が実行されます。通知は通知パネルに表示されます。

ストレージの監視

SD カードや USB ストレージデバイスに新たにダウンロードまたはコピーされたアプリやファイルすべてを検索するには、これを選択します。新しくストレージデバイスを接続すると、自動的に検索が開始します。

バージョン

ウイルス対策エンジンとウイルス対策データのバージョン。

前回の更新日時

ソフォスからウイルス対策データを取得した日時。

タップすると、アップデートを確認できます。

更新モード

Sophos Intercept X for Mobile がウイルス検出データの更新ファイルをダウンロードする際に使用するデータ接続を指定します。

ログのメール送信

タップすると、アプリのログファイルを添付したメールを送信できます。

デフォルトでソフォスのサポートのメールアドレスが宛先フィールドに挿入されます。

ユーザビリティ向上のためのデータ追跡

アプリの品質向上のために使用状況に関する匿名データをソフォスに送信することが許可されます。

Sophos Intercept X for Mobile のアンインストール

タップすると、Intercept X アプリ、およびインストールされている場合は、関連付けられている Security & Antivirus Guard アプリがアンインストールされます。