アプリのロック

「アプリのロック」では、起動時に認証を要求するアプリの一覧を設定できます。特定のアプリを使用できないようにロックできるので、誰かにデバイスを貸す場合などに便利です。

注: Sophos Intercept X for MobileSophos Mobile に登録されている場合は、アプリのロックは利用できません。アプリのアクセスは組織によって管理されます。
  1. アプリメニューで、「アプリのロック」を選択します。
  2. 基本設定」でアプリのロックをオンにします。
  3. Intercept X アプリを Android のデバイス管理者として設定する必要があります。まだ有効にしていない場合は、該当する Android の「設定」ページにリダイレクトされます。「有効にする」をタップします。
  4. アプリのロック」の認証の種類を選択します。
    パターン」、「PIN」、「パスワード」または「指紋」 (デバイスに指紋センサーがある場合) から選択できます。
    注: Sophos Intercept X for MobileSophos Mobile の管理下にある場合、管理者は指紋認証をオフにできます。
  5. タスクマネージャの中には、プロセスを停止することで「アプリのロック」を無効にできるものもあります。タスクマネージャによる操作を防止するには、Sophos Security & Antivirus Guard アプリをインストールする必要があります。「基本設定」のメッセージにも同様の注意が表示されます。メッセージをタップして、アプリを Google Play で開き、インストールします。
  6. 猶予期間」をタップして、アプリを閉じた後、パスワードを記憶しておく時間を選択します。
  7. 保護設定」の下にアプリのロックをアンインストールまたは無効化できるアプリが一覧表示されます。また、Google Play や他のインストーラを保護してデバイスに無制限にアプリがインストールされることを防止することもできます。
  8. 左にスワイプします。「アプリの選択」画面が表示されます。次の項目を実行できます。
    • 保護対象外」リストのアプリを選択すると、アプリが保護の対象となります。アプリは「保護対象」リストに表示されます。
    • 保護対象」リストに表示されているアプリのチェックを外すと、アプリの保護が解除されます。アプリは「保護対象外」リストに表示されます。

Sophos Mobile Security Guard は「アプリのロック」のプロセスを監視し、必要に応じて再起動を行います。

注: Sophos Mobile Security Guard をインストールしないまま「アプリのロック」の設定を終了すると、インストールを促すメッセージが表示されます。インストールすることを強く推奨します。