コンテンツにスキップ

Office ドキュメントの編集

制限事項

このセクションは、Sophos Secure Workspace が Sophos Mobile の管理下にある場合のみを対象としています。

Sophos Secure Workspace には Polaris Office ライブラリが含まれており、Microsoft Word、Excel、PowerPoint ファイルを作成/編集できます。

Microsoft Office ドキュメントの作成

Microsoft Office ドキュメントを作成する方法は次のとおりです。

  1. ファイルを作成する保存先を参照して、「+」をタップします。
  2. Word」、「Excel」または「PowerPoint」を選択して、埋め込まれている Polaris Office を開きます。

Microsoft Office ドキュメントの表示/編集

Microsoft Office ドキュメントを表示/編集する方法は次のとおりです。

  1. ファイルを参照して、タップして、埋め込まれている Polaris Office で開きます。
  2. Polaris Office メニューで、表示モードと編集モードを切り替えることができます。

暗号化された Office ドキュメントを編集すると、保存する際に再び自動的に暗号化されます。

制限

管理者は、ストレージサービスを使用した共有を制限することができます。その場合、埋め込まれている Polaris Office に次のような制限が適用されます。

  • 管理者がファイルの共有を拒否した場合、Polaris Office で「エクスポート」を使用できません。
  • 管理者がクリップボード操作を拒否した場合、Polaris Office でクリップボードを使用することはできますが、クリップボードの内容を別のアプリに貼り付けることができなくなります。
トップへ