データのプライバシー保護

データには価値があり、大切に保護する必要があります。デバイスやクラウドなど、保存先に関わらず、機密データは常に暗号化することを推奨します。

暗号化とは、許可されたユーザーだけが閲覧できるように、データを読み取り不能な書式に変換処理することです。暗号化することでデータの流出や紛失を阻止できるわけではありませんが、データを暗号化して解読不能にし、利用できなくすることで、攻撃者によるデータの悪用は阻止できます。暗号化することでファイルに鍵がかかるため、鍵の持ち主だけがファイルにアクセスできるようになります。

Sophos Secure Workspace における暗号化の仕組みの概要は、セキュリティに関する情報 を参照してください。

ファイルの暗号化

Sophos Secure Workspace では、簡単にファイルを暗号化できます。

Sophos Secure Workspace でファイルを新規作成したり、他のアプリからファイルをインポートしたりすると、ファイルを暗号化できます。

既に作成済みのファイルを暗号化する方法は次のとおりです。

  1. リストからファイルを選択し、「暗号化」オプションを選択します。
  2. 使用する暗号鍵を選択します。鍵が存在しない場合は、ここで作成することができます。
  3. OK」をタップします。選択したファイルが暗号化されます。選択した項目にフォルダが含まれる場合は、フォルダ内のすべてのファイルが暗号化されます。
注: 既に暗号化されているファイルを暗号化した場合、ファイルは新しい鍵で再度暗号化されます。古い暗号鍵の使用にパスフレーズが必要な場合で、鍵リングに鍵がないときは、パスフレーズの入力が求められます。
注: Sophos Secure WorkspaceSophos Mobile の管理下にある場合、ファイルは社内鍵リングにある鍵のみで暗号化できます。ローカル鍵では暗号化できません。社内鍵リングの使用に関する詳細は、鍵の管理を参照してください。

ファイルの復号化

既存のファイルを復号化するには、ファイルの一覧から対象のファイルを選択して「復号化」オプションを選択します。

データにアクセスするためのパスフレーズを入力するよう、Sophos Secure Workspace にメッセージが表示されます。対象の鍵が鍵リング内にある場合は、パスフレーズの入力は求められません。

注: Sophos Secure WorkspaceSophos Mobile の管理下にある場合、ファイルは復号化できません。