社内設定

注: このセクションの内容は、Sophos Secure WorkspaceSophos Mobile の管理下にある場合のみを対象としています。

管理者は、Sophos コンテナのポリシーをデバイスに適用することにより、Sophos Secure Workspace アプリや Sophos Secure Email アプリの設定を行うことができます。

管理者は次の設定を行うことができます。
  • アプリのパスワード機能を強制的に有効化。
  • アプリのパスワードの最低要件の定義。
  • 利用できるクラウド ストレージ サービスの定義。
  • WebDAV 対応のクラウドストレージへアクセスするためのログイン情報の設定。
  • クラウドストレージサービス、Egnyte のログイン情報の設定 (iOS)。
  • Sophos Secure Workspace アプリ、もしくは社内ブラウザ (Android のみ) が表示されているスクリーンショットをブロック。
  • アプリの使用の制限:
    • お気に入りの作成の禁止。
    • クリップボード操作の禁止。
    • 平分ファイルの共有の禁止。
    • 暗号化ファイルの共有の禁止。
    • ルート化された (Android) デバイス、または Jailbreak された (iOS) デバイスからのアクセスの禁止。
    • アプリの使用を特定の Wi-Fi 接続のみに限定。
    • アプリの使用を特定の時間帯や曜日に限定 (タイムフェンシング)。
    • アプリの使用を特定の地理内に限定 (ジオフェンシング)。