社内イントラネットへのアクセス

注: このセクションの内容は、Sophos Secure WorkspaceSophos Mobile の管理下にある場合のみを対象としています。

社内ブラウザ

社内ブラウザを使えば、Sophos Mobile のポリシーの定義に従って、社内のイントラネットページや他の許可されているページに安全にアクセスすることができます。管理者は、社内ブラウザからアクセスを許可するドメインを、「社内ブックマーク」に設定できます。ユーザーは、サブページを「個人ブックマーク」に設定できます。

社内ブラウザはタブブラウザで、同時に複数の Web ページを表示することができます。社内ブラウザを起動すると、前回のセッションで開いていたタブがすべて再表示されます。

  • 社内ブラウザを起動するには、「ホーム画面」の「社内ブラウザ」をタップします。
  • ブックマーク設定や関連する機能を開くには、Android では画面右上の詳細」 をタップします。iOS では、ツールバーを使用します。

ブックマーク

  • 社内ブックマーク」ページでは、管理者が登録したブックマークが表示されます。
  • 個人ブックマーク」ページには、ユーザーが登録したブックマークが表示されます。「」 」アイコンをタップして現在表示しているページをブックマークに登録します。
  • 履歴」ページには、閲覧した Web ページの一覧が時系列で表示されます。一覧から個別の項目を削除するには、その項目を右または左にスワイプします。一覧ごと消去するには、「履歴を消去」ボタン (Android の場合)、または「削除」 」アイコン (iOS の場合) をタップします。

アカウント情報

管理者が指定したポリシーで特定の Web サイトへのアクセスが許可されている場合、それらのサイト用のアカウント情報を管理することができます。

ユーザー名とパスワードを入力すると、Sophos Secure Workspace にアカウント情報を保存するようメッセージが表示されます。「OK」をタップして、アカウント情報マネージャにアカウント情報を保存します。次回からユーザー名とパスワードが自動的に入力されるようになります。

アカウント情報」ページに保存したユーザー名とパスワードが表示されます。項目を削除するには、その項目を右か左にスワイプします。

ダウンロード

ほとんどの場合、Web ページ上のリンクの参照先は、他の Web ページです。しかし、参照先が文書ファイルであったり、SharePoint などの Web インターフェース経由で管理するファイルの一覧であったりすることもあります。文書ファイルを参照しているリンクをタップすると、社内ブラウザは、対象のドメインに対して設定されているアクセス権限をチェックします。

管理者が設定できる権限は次のとおりです。

  • ファイルを閲覧する権限。
  • ファイルをダウンロードし、閲覧する権限。
  • ファイルをダウンロードし、他のアプリケーションで開く権限。

ファイルをダウンロードすると、「セキュアストレージ」に保存されます。ファイルが暗号化されていない場合は、ローカルコピーがデバイスの鍵で暗号化されます。