社内ストレージの表示

注: このセクションの内容は、Sophos Secure WorkspaceSophos Mobile の管理下にある場合のみを対象としています。

Sophos Mobile には、独自のファイル配信サーバーが含まれており、「社内ストレージ」という名前の追加のストレージサービスとして表示されます。

社内ストレージ機能は、次のように使用できます。
  • 管理者は、Sophos Mobile の Web ポータルにファイルをアップロードできます。
  • ファイルは読み取り専用です。ユーザーはファイルの閲覧のみ可能で編集はできません。
  • 管理者は、ユーザーのグループを定義して特定のグループにのみファイルの閲覧を許可できます。
  • 管理者は、データ漏えい対策として、ファイルごとに操作の許可・禁止を設定できます。詳細は、社内設定を参照してください。

社内ストレージ」に新規/更新された文書ファイルが配信されると、通知が表示されます。新規/更新されたファイルは、印付きで表示されます。

社内ストレージ」内のファイルやフォルダを「お気に入り」に追加すると、Sophos Secure Workspace で、デバイス固有の暗号鍵を使用してオフラインのコピーが暗号化されます。

Sophos Mobile で配信するファイルを管理者が暗号化する場合は、モバイルデバイスにインストールされている Sophos Secure Workspace を利用するか (「ローカルストレージ」画面から簡単に暗号化できます)、あるいは Sophos SafeGuard Enterprise を利用します。