ファイルのパスワード保護

Sophos Secure Workspace では、鍵を使用した標準のファイル暗号化のほか、HTML5 形式でラップされるパスワード保護ファイルも作成でき、受信者側のソフトウェアのインストールは不要です。受信者は、パスワードの他に、Web ブラウザ (Windows/macOS の場合) または Sophos Secure Workspace アプリ (Android/iOS の場合) さえあれば、暗号化されたコンテンツにアクセスできます。

これはたとえば、組織外の受信者とファイルを共有する場合などに便利です。

パスワード保護されたファイルの表示/編集

Sophos Secure Workspace (Android/iOS の場合) または SafeGuard Enterprise (Windows/macOS の場合) で作成された、パスワード保護されたファイルを表示できます。

HTML コンテナをタップし、正しいパスワードを入力して、コンテナ内のファイルにアクセスします。

  • コンテナに 1つのファイルしか含まれておらず、それが表示可能な種類のファイルである場合、ファイルが表示されます。編集可能な種類のファイルの場合、表示モードから編集モードに切り替えて変更を加えることができます。変更したファイルを保存する際、HTML コンテナの外に新しいファイルとして保存されます。
  • コンテナに複数のファイルが含まれている場合は、HTML コンテナの外の場所をファイルの保存先として選択します。この新しい場所にあるファイルを暗号化するには、「暗号化」を選択します。ファイルの保存後、ファイルを表示して編集できます。

パスワード保護されたファイルの作成

注: パスワード保護されたファイルは、Sophos Secure WorkspaceSophos Mobile の管理下にある場合のみに作成できます。
  1. パスワード保護するファイルを選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • (Android) 詳細」 メニューから「パスワード保護ファイルの共有」を選択します。
    • (iOS) 共有」  メニューから「パスワード保護ファイルの共有」を選択します。
  2. パスワードを入力します。
  3. メールアプリなど、パスワード保護ファイルの転送に使用するアプリを選択します。
注: 共有するファイルが暗号化されている場合、Sophos Secure Workspace は、可能な限りファイルを復号化し、復号化されたファイルをパスワード保護します。