パスワードセーフのファイルの作成

  1. パスワードセーフのファイルの作成先に移動します。
  2. +」、「パスワードセーフ」の順にタップします。
  3. パスワードセーフのマスターパスワードを作成します。このパスワードは、パスワードセーフのファイルを開くために必要です。
    警告: マスターパスワードを忘れた場合、パスワードやパスワードセーフの他のデータにアクセスすることはできません。
  4. オプション: Android の場合は、鍵ファイルの使用を選択してください。
    マスターパスワードに加えて鍵ファイルを使用すると、パスワードセーフのファイルのセキュリティが強化されます。鍵ファイルは、任意のファイルを選択することも、新しく作成することもできます。パスワードセーフのファイルを開いたときに、利用できる状態になっている必要があります。
    鍵ファイルを使用する」を選択し、「+」をタップしてファイルを作成するか、既存のファイルを選択します。この鍵ファイルをパスワードセーフのファイルと同じ場所に保存しないでください。
    警告: 鍵ファイルは、必ずバックアップを作成するようにしてください。鍵ファイルがない場合、パスワードセーフのファイルを開くことはできません。

    iOS の場合は、パスワードセーフの設定で鍵ファイルを設定することができます。「マスターパスワードの変更」をタップして、「鍵ファイルを使用する」をオンにします。

  5. iOS の場合は、必要なエントリをパスワードセーフのファイルに入力します。各エントリは、グループやサブグループに分類して整理することができます。
    Android の場合は、新しいパスワードセーフのファイルを保存した後で、パスワードのエントリを入力します。
  6. 作成」をタップして、名前、場所を入力し、「保管」をタップします。
  7. オプション: パスワードセーフのファイルの暗号化を選択します。
    パスワードセーフのファイルは、すべて KeePass ファイル暗号化で保存されます。「ファイルの保存」ダイアログで暗号化オプションを選択すると、KeePass 暗号化に加えて、さらに Sophos Secure Workspace で暗号化が実行されます。
指定した場所に KDBX ファイルが作成されます。