パスワードセーフのエントリの作成

パスワードセーフのファイルに、エントリやエントリのグループを追加する方法は以下のとおりです。

  1. パスワードセーフのファイルを開き、「+」をタップします。
  2. 作成するエントリのタイプを選択します。
    • アカウント: Web サイトのアカウントなどに適した、事前に設定したフィールドを含むエントリが作成されます。
    • クレジットカード: クレジットカードなどに適した、事前に設定したフィールドを含むエントリが作成されます。
    • メモ: メモを保存するためのエントリが作成されます。iOS のみで使用できます。
    • グループ: エントリを整理するためのフォルダが、パスワードセーフのファイル内に作成されます。
  3. 各エントリのフィールドにデータを入力します。
  4. オプション: Android では、「タイトル」 フィールドの横にあるアイコンをタップして、別のものを選択します。
  5. オプション: 項目にカスタムフィールドを追加します。
    • Android の場合: 「フィールドの追加」をタップして、フィールド名と値を入力します。
    • iOS の場合: 「+」をタップして、追加するフィールドの種類を選択します。
    カスタムフィールドに対して「保護済み」を有効にすると、フィールドの横にある「」 」アイコンをタップしない限り、フィールドの値は非表示になります。なお、保護済みのフィールドは検索結果にも表示されません。
  6. 操作が完了したら、項目を保存します。
    • Android の場合: 「詳細」 」をタップします。
    • iOS の場合: 「完了」をタップします。
パスワードデータを使用して、簡単に Web ページやアプリにログインすることができます。詳細は、パスワードデータを使用したログインを参照してください。
注: iOS 環境では、パスワードセーフのエントリにファイルを添付できます。サイズの大きいファイルや多数のファイルを添付すると、パフォーマンスに影響を与える場合があります。このようなファイルを安全に保管するには、Sophos Secure Workspace で暗号化することを推奨します。