PureMessage for Microsoft Exchange メニューツリー

画面の左 (ツリー) パネルに「PureMessage for Microsoft Exchange メニューツリー」が表示されます。サーバーグループ (ルートノード) に管理コンソール接続先となるサーバーグループの名前が表示されます。各メニューを開くには、メニューノードをクリックしてください。



ダッシュボード」は、一般情報を表示したり、現在管理の対象になっているサーバーグループに属するサーバーすべてをリスト表示します。ダッシュボードは、選択したサーバーに関する統計値やグラフを表示します。サーバーでどのサービスが稼動中か、また、アップデートが正しく動作しているかなどを確認できます。また、メールのスループットに関する情報 (例: メッセージ処理数、検出ウイルス ランキング、隔離エリア用データベースのサイズ) も表示されます。

アクティビティモニター」は、PureMessage for Microsoft Exchange によって検索されたメール分類の詳細な内訳を表示します。管理者は、ここから、各サーバーの PureMessage for Microsoft Exchange 検索サービスを起動・停止することもできます。

環境設定」ノードには、「システム」、「ユーザーおよびグループ、トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」、「Exchange ストア検索」ポリシーノードがあります。

システム」ノードは、SMTP と Exchange ストア検索の両方に共通するシステム設定を数多く提供します。ここには、「ルーティング」、「ウイルス大規模感染の設定」、「隔離エリアの設定」、「ログの設定」、「警告の設定」、「メールタグ」、「レポートの設定」などが含まれます。

ユーザーとグループ」ノードは、Active Directory のユーザーやグループとの同期を行います。また、カスタムユーザーやグループを作成することもできます。

トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」ノードでは、送受信、内部メールが対象となります。このメニューノードには、下記に説明する、「フィルタリング」、「ウイルス対策」、「スパム対策」、「コンテンツ」、「免責事項」ノードへのショートカットがあります。それぞれのノードから、関連するポリシーを定義することができます。その際、共通のポリシーまたは個別のポリシーで、特定のユーザーやグループを除外するよう設定できます。

フィルタリング」ノードからは、「受信者検証」および「ブロックリスト」メニューを開くことができます。

ウイルス対策」ノードでは、送受信、内部メール用のポリシーを設定できます。

スパム対策」ノードでは、スパムやスパムの疑いがあるメール用のポリシーを設定できます。

コンテンツ」ノードでは、送受信、内部メール用のコンテンツ フィルタリング ポリシーを設定できます。

免責事項」ノードでは、送信メッセージに追加する免責事項を定義できます。

Exchange ストア検索ポリシー」ノードでは、メールボックスおよびパブリックフォルダ内のメールに対するウイルス対策ポリシーを設定できます。

隔離エリア」ノードは、PureMessage for Microsoft Exchange により隔離されたメッセージをリスト表示します。様々な検索基準を用いて隔離されたメッセージを検索し、選択したメッセージにアクションを実行できます。

レポート」ノードでは、送受信メールおよび内部メールすべてに関するレポートを作成することができます。不快な表現、あるいはブロックする用語、接続のフィルタリングなど、ウイルス、スパム、コンテンツの集計結果を表示します。

ヘルプと製品情報」ノードから、ヘルプおよびソフォスの Web サイトを表示できます。ここには、PureMessage for Microsoft Exchange サーバーグループに属する各サーバーのシステム情報が表示されます。