警告の送信先メールアドレス

この画面から、メール警告に関する次の 2種類の設定を行うことができます。

  • 管理者用メール警告を送信するメールアカウントの指定。
  • メール警告送信元メールアカウントの指定。この設定を行うと、受信した警告に返信できるようになります。

環境設定 > システム」をクリックし、その後、「警告の設定」をクリックします。デフォルトでは、「メールアドレス」タブが選択されます。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。

「警告用テンプレート」タブをクリックすると、警告用テンプレートの作成を実行できます。

管理者用メール警告の送信先

管理者用メール警告の送信先」パネルは、管理者用警告メッセージを受信するメールアドレスを一覧表示します。

新規メールアドレスを入力するには、「追加」をクリックします。

編集」をクリックすると、ハイライト表示したアドレスを編集できます。

削除」をクリックすると、ハイライト表示したアドレスが削除されます。

送信元メールアドレス

送信元メールアドレス」フィールドには、警告や別の PureMessage for Microsoft Exchange が作成したメッセージを送信する際に使うメールアドレスを指定します。