スパム対策の概要

PureMessage for Microsoft Exchange の「スパム対策」オプションでは、スパムやスパムの疑いのあるメッセージ用のポリシーを設定できます。各スパムカテゴリごとにグローバルポリシーを設定することができます。また、そのポリシーに例外を設定することもできます。例外には異なるアクションを指定することができます。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」をクリックし、「スパム対策」をクリックします。

デフォルトで、受信メッセージに対するスパム対策の検索機能は有効になっています。このとき、「受信メッセージ」バーは青色で、チェックマークと「ON」というアイコンが表示されます。メニューバーが赤色になっている場合、受信用スパム検索機能は無効になっています。検索機能を有効にするには、「OFF」アイコンをクリックするか、丸い警告アイコンをクリックします。「受信メッセージ」バーが青色に変わり、アイコンが「ON」になります。

その他の設定の詳細については、スパム対策の設定変更を参照してください。