メールタグ

検索処理されたメールの件名へ追加するタグ (コメント) を設定することができます。

環境設定 > システム」をクリックし、続いて「メールタグ」をクリックします。



メールの件名欄/X-ヘッダにタグを追加する

この画面から、件名へタグ (コメント) を追加したり、また、様々なイベントの X-ヘッダを追加することができます。

件名タグの挿入位置」リストからオプションを選び、件名のどこにタグを挿入するかを指定します。

「件名タグ」および/あるいは「X-ヘッダ」チェックボックスを選択すると、件名タグや X-ヘッダが追加されます。また、スパムスコアを件名に追加することもできます。

検索の詳細を X-ヘッダとして追加する

検索内容の詳細を X-ヘッダに追加するには、このチェックボックスを選択してください。検索内容の詳細には、メッセージの検索に使用される、ウイルス検出エンジンやスパム検出エンジンのバージョン番号などの情報が含まれます。

既にある場合は件名タグを追加しない

メールはいろいろな PureMessage for Microsoft Exchange サーバーを通過します。そのため、件名タグが重複しないよう、必ずこのチェックボックスを選択してください。このオプションを選択すると、メールが転送されたり、エンドユーザーによって何度もメールが返信された場合に、タグの重複を防ぐことができます。

デフォルトに戻す

このボタンをクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。