ウイルス対策の概要

送受信、および内部メールに対し、個別のウイルス対策ポリシーを定義することができます。キーコンセプト送受信・内部メールを参照してください。

PureMessage for Microsoft Exchange が感染メールや、暗号化されたメール (S/MIME や PGP 暗号化メッセージなど) や、暗号化された添付ファイル (パスワードで保護されているファイルなど) を検出したときに実行するアクションを指定することができます。また、特定の受信者に別のポリシーを適用して、例外を指定することも可能です。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」をクリックし、続いて「ウイルス対策」をクリックします。



様々なイベント項目とそれに対して実行できるアクションが画面に表示されます。

イベントの種類は次の 3つです。

  • 感染時: メールにウイルスや他のマルウェアが含まれている場合。
  • メッセージが暗号化されているとき: 例: S/MIME や PGP を使用して暗号化されている場合。
  • 添付ファイルが暗号化されているとき例: パスワード保護されているファイル。

すべてのイベントに対して、「対処なし」、「メッセージを削除する」、「メッセージを隔離し配信する」、「メッセージを配信する」というアクションを適用できます。また、「感染時」および「添付ファイルが暗号化されているとき」のイベントには、添付ファイルをテキストで置換するアクションを選択できます。

デフォルトで、送受信・内部メールに対してウイルス検索が有効になっています。すべての方向のメールのメニューバーは青色で、チェックマークと「ON」というアイコンが表示されます。メニューバーが赤色の場合は、該当する方向のメールに対する検索は無効になっています。検索を有効にするには、対応するメニューバーの「OFF」という文字をクリックするか、丸い警告アイコンをクリックします。

その他のウイルス対策設定の詳細については、ウイルス対策の設定変更を参照してください。