ウイルス対策の設定変更

このダイアログから、「トランスポート (SMTP) 検索」のウイルス対策を設定できます。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー > ウイルス対策」をクリックし、「ウイルス対策の設定変更」をクリックします。

検索レベル

通常 (推奨)」をクリックすると、ウイルスが含まれている可能性のある部分だけファイルを検索します。

詳細」をクリックすると、ファイルのコンテンツすべてを検索します。通常、「詳細」検索は必要ありません。ソフォス テクニカルサポートが推奨した場合のみに有効にしてください。

検索オプション

デフォルト設定では、PureMessage for Microsoft Exchange はアーカイブファイル内をウイルス検索します。ここで検索の対象となるアーカイブファイルは、ZIP や ARJ、RAR、GZIP、TAR、CMZ などです。

自動駆除

ウイルスが含まれるメッセージを駆除する」をクリックすると、感染したアイテムがクリーンアップされます。このとき、場合によってはクリーンアップできないウイルスもありますのでご注意ください。PureMessage for Microsoft Exchange がウイルスのクリーンアップに失敗した場合は、「感染時」のイベントが起動します。

検索アクション

検索が不可能な場合の対処方法」パネルの「アクション」リストからアクションを選択します。

管理者に警告を送信する」チェックボックスは任意で選択してください。

アプリケーションエラー発生時の対処方法」パネルの「アクション」リストからアクションを選択します。デフォルトの設定は、「メッセージを配信する」です。デフォルトのアクションを変更すると、PureMessage for Microsoft Exchange で警告が表示されます。これは、メッセージを隔離するように「アクション」が設定されている場合、PureMessage for Microsoft Exchange に不具合が発生したときに受信メールをすべて隔離してしまう可能性があるためです。「管理者に警告を送信する」チェックボックスは任意で選択してください。

デフォルトに戻す」をクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。