コンテンツの概要

送受信、および内部メールに対し、個別のコンテンツ フィルタリング ポリシーを定義することができます。また、4種類のイベント (疑わしい添付ファイル、ブロックする添付ファイル、ブロックする用語、不快な表現) を基準にコンテンツをブロックできます。

そのためには、コンテンツ フィルタリングを設定・有効にする必要があります。たとえば、PUA (業務上不要と思われるアプリケーション) の受信をブロックする場合、受信メール用のコンテンツ検索を有効にした上で、送られてくる PUA をブロックするポリシーを設定する必要があります。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」をクリックし、続いて「コンテンツ」をクリックします。



必要に応じて、受信、送信または内部でメールのコンテンツ検索を有効に設定してください。検索を有効に設定すると、各方向のメールに対するメニューバーが青色になり、チェックマークと「ON」というアイコンが表示されます。メニューバーが赤色の場合は、該当する方向のメールに対する検索は無効になっています。検索を有効にするには、対応するメニューバーの「OFF」という文字をクリックするか、丸い警告アイコンをクリックします。

その他のコンテンツ フィルタリング設定の詳細については、コンテンツ フィルタリング設定の変更を参照してください。