制限付き添付ファイルの種類の設定

ブロックする添付ファイルの種類を選択できます。任意で、サイズ制限を設けることができます (該当する種類の添付ファイルのサイズが一定の容量を超えるとブロックされます)。また、業務上不要と思われるアプリケーションをブロックできます。このルールには例外を設定することもできます。

注: PureMessage for Microsoft Exchange では、添付ファイルの TFT (True File Type) が検出されるため、添付ファイルの拡張子が変更されている場合でも、変更前のファイルを検出できます。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー > コンテンツ」をクリックします。「コンテンツ フィルタリング」画面で、「制限付き添付ファイル発見時」バーの「設定」をクリックします。「ブロックする添付ファイルの種類」ダイアログボックスで、「添付ファイルの種類」タブをクリックします。

添付ファイルの種類の選択」ドロップダウンリストから、添付ファイルのカテゴリを選択します。

PureMessage for Microsoft Exchange には、脅威を拡散するためによく利用されるファイルの種類のリストがあらかじめ設定されています。添付ファイルの種類を選択すると、その種類の添付ファイルがブロックされます。タイトルバーのチェックボックスを使って、すべてのオプションを選択したり、または選択を外したりできます。任意で、ファイルのサイズ制限 (MB単位) を入力します。

任意で、「アドウェア/不要と思われるアプリケーション (PUA) をブロックする」チェックボックスを選択して、アドウェアや不要と思われるアプリケーションをブロックします。

通常ブロックされるアドウェアや不要と思われるアプリケーションを許可するには、「追加」をクリックして、許可するアプリケーション名を入力します。ソフォス製品によって検出されるアドウェアや不要と思われるアプリケーションの詳細は、http://www.sophos.com/ja-jp/threat-center/threat-analyses/adware-and-puas.aspx を参照してください。

許可するアドウェア/不要と思われるアプリケーションを編集するには、ハイライト表示して「編集」をクリックします。

アドウェア/不要と思われるアプリケーションを、許可するアプリケーションの一覧から削除するには、ハイライト表示して「削除」をクリックします。

変更内容を保存するには、「OK」をクリックします。保存後、「コンテンツ フィルタリング」画面に戻ります。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。

制限付き添付ファイル名のリストから特定の添付ファイルを除外するには、制限付き添付ファイルのフィルタリングからの除外にある手順を実行してください。