不快な表現の設定

不快な表現としてブロックする特定の用語を入力したり、インポートできます。また、添付ファイル内を検索し、一定数の用語が検出されたときだけに、アクションを実行するように設定できます。

注: PureMessage には、正規表現で書かれた不快な用語例のリストが付属されています。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」をクリックし、続いて「コンテンツ」をクリックします。「コンテンツ フィルタリング」画面で、「不快な表現が含まれているとき」バーの「設定」をクリックします。

注:テキストで置換する」というアクションが設定されている場合でも、独自に作成したメールテキストは全く表示されません。

用語の種類

文字列 (ワイルドカード対応)」タブをクリックし、文字列を入力します。任意で、ワイルドカード文字「*」および「?」を使用します。PureMessage for Microsoft Exchange がメールのどの部分を検索するかを選択します。

正規表現を入力する場合は、「正規表現」タブをクリックします。

追加」をクリックし、各用語を 1行で入力します。該当するチェックボックスを選択し、PureMessage がメールのどの部分に対して入力した用語を検索するかを指定します。

「用語」を削除するには、ハイライト表示して「削除」をクリックします。

テキスト形式または CSV 形式のファイルから用語をインポートするには、「インポート」をクリックします。

テキスト形式または CSV 形式のファイルに用語を出力するには、「エクスポート」をクリックします。

任意で、「次に指定する数の用語が検出されたときだけ対処する」チェックボックスを選択し、対応する入力欄に数を入力します。

変更内容を保存するには、「OK」をクリックします。保存後、「コンテンツ フィルタリング」画面に戻ります。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。