バックアップと復元の環境設定

指定したフォルダに PureMessage for Microsoft Exchange の環境設定をバックアップできます。後日、必要に応じて復元することができます。

注:
  • 環境設定を復元すると、既存の環境設定が上書きされることにご注意ください。現在の環境設定を保存する場合は、新しい環境設定を適用する前に、現在の環境設定をバックアップしてください。
  • PureMessage for Microsoft Exchange のサーバーグループ全体に対して環境設定を復元する前に、ユーザー別ポリシー、Active Directory の環境設定、および受信者検証の環境設定が新規グループでも有効であることを確認してください。

PureMessage メニューツリーで、「環境設定 - システム」をクリックします。「環境設定」メニューの右ペインに、「環境設定のバックアップ」および「環境設定の復元」オプションがあります。

現在の環境設定をバックアップする方法は次のとおりです。

  1. 環境設定」メニューから、「環境設定のバックアップ」をクリックします。
  2. フォルダを選択します。
  3. OK」をクリックします。環境設定ファイルが選択したディレクトリに保存されます。

環境設定を復元する方法は次のとおりです。

  1. 環境設定」メニューから、「環境設定の復元」をクリックします。
  2. フォルダの参照」画面で、環境設定が保存されているフォルダを選択します。
  3. OK」をクリックします。
  4. ポップアップボックスで、「はい」をクリックすると、その環境設定を復元することが確定し、既存の環境設定が上書きされます。
注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。