ブロックリストの概要

IP アドレスおよび既知の不正な送信者のブロックリストを作成・編集することができます。このリストを使うと、PureMessage for Microsoft Exchange は SMTP トランスポートレベルでこれらのホストあるいは送信者からのメッセージを阻止・削除することができます。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー > フィルタリング」をクリックし、続いて「ブロックリスト」をクリックします。

ホスト/送信者およびコメント表示

メインパネルには、「ホスト/送信者」の列があり、ここに追加したデータが表示されます。「コメント」の列は一般的用途のための注記欄です。

阻止したいホストや送信者を追加するには、「追加」をクリックします。「ブロックリストで IP アドレス/IP アドレス範囲/送信者を指定」ダイアログボックスが表示されます。

エントリを削除するには、ハイライト表示して「削除」をクリックします。

不正なホストまたは送信者のリストをインポートするには、「インポート」をクリックします。リストは CSV (カンマ区切り) 形式またはテキスト形式である必要があります。警告が表示されたら、既存のリストを新しいリストに置き換えるか、新しいリストを既存のリスト最後に追加するかを選択することができます。

ブロックリスト (CSV (カンマ区切り) 形式またはテキスト形式) をエクスポートするには、「エクスポート」をクリックします。

詳細設定」をクリックします。「ブロックリスト - アドバンス設定」ダイアログボックスが表示されます。ここで、ブロックする IP アドレスから送信されるメッセージを PureMessage for Microsoft Exchange がどのように拒否するかを設定できます。また、オプションで、拒否されたメールに対する SMTP 応答用の文字列を指定することもできます。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。