受信者の検証

受信者の検証」機能は、無効なユーザーに送信される受信メッセージを排除します。無効なユーザー宛てのメッセージは、スパムであることが多いものの、スペルミスなどでアドレスが間違っている正規メールである場合もあります。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー > フィルタリング」をクリックし、続いて、「受信者の検証」をクリックします。

受信者の検証を有効にする

「受信者の検証」機能を有効にすると、Active Directory またはカスタムユーザー/グループに存在するユーザーやグループ宛てのメッセージのみが許可されます。「受信者の検証」機能を有効にする前に、Active Directory またはカスタムユーザー/グループが設定されていることを確認してください。

デフォルトに戻す」をクリックすると、デフォルトの設定に戻ります。

注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。