エンドユーザー用スパム ダイジェストメール

エンドユーザーが各自で隔離されたスパムメールにアクセスできるよう、エンドユーザーに通知を送信することができます。

注: ここでは、スパムダイジェストの設定方法について説明します。エンドユーザーが隔離されたスパムメールに対処する方法や、Web ブラウザから隔離されたスパムメールに直接アクセスする方法については、エンドユーザーによる隔離済みスパムへのアクセスを参照してください。

環境設定 > ユーザーとグループ」をクリックし、続いて「エンドユーザー用スパム ダイジェストメール」をクリックします。

  1. エンドユーザー宛てにスパム ダイジェストメールを送信する」チェックボックスを選択します。
  2. ダイジェストメールの件名」フィールドに件名を入力します。
  3. ダイジェストメールの本文テキスト」パネルにダイジェストメールの本文を入力します。右クリックすると、使用可能な代入記号が表示されます。
  4. ダイジェストメールを送信する日時を設定します。ダイジェストメールは、1日に最高 2回送信できます。
注: 変更した内容を保存するには、「変更の管理」メニューで「変更の保存」をクリックします。