免責事項の概要

PureMessage for Microsoft Exchange には「免責事項」オプションがあり、指定した免責事項の文章を送信するメッセージに追加できます。さらに、社内のグループごとに異なる免責事項を設定することができます。

環境設定 > トランスポート (SMTP) 検索ポリシー」をクリックし、続いて「免責事項」をクリックします。



送信メッセージ

送信メッセージ」バー上の「ON/OFF」ボタンをクリックし、「ON」が表示されるようにします。

すべての送信メッセージに対する設定

すべての送信メッセージに対する設定」リストからオプションを選択します。このとき、ここで選択するオプションは、送信メール全体に適用されます。「免責事項を追加する」または「免責事項を追加しない」のどちらかを選択します。この例では、「免責事項を追加する」を選択します。

テキスト」をクリックすると「免責事項」ダイアログボックスが開き、免責事項を編集できます。詳細は、免責事項の追加を参照してください。

特定の送信者への対処方法

特定の送信者への対処方法」パネルでは、選択したユーザー/グループを共通の免責事項ポリシーの対象から除外し、特定のアクションを適用できます。

すべての送信メッセージに対する設定」バーの右側にある二重矢印をクリックすると、「特定の送信者への対処方法」パネルが表示されます。作成した例外ポリシーがパネルに表示されます。

追加」および「削除」ボタン

特定の送信者への対処方法:」パネルに、新しい例外ルールを追加するには、「追加」をクリックします。リストから例外を削除するには、ハイライト表示して「削除」をクリックします。

優先度を上げる」および「優先度を下げる」ボタン

また、ここで設定した例外を PureMessage for Microsoft Exchange が処理する順番を設定することもできます。移動する例外を選択し、「優先度を下げる」または「優先度を上げる」をクリックします。例外リストの一番上にある例外が、最も優先順位の高い (最初に適用される) ものとなります。

また、免責事項の設定変更を実行することもできます。