Exchange ストア検索の設定概要

Exchange ストア検索」は、メールボックスおよびパブリックフォルダ内のメールを検索します。ストア検索は、「バックグラウンド検索」オプションで実行できます。

注: オンアクセス検索やプロアクティブ検索は、Exchange Server 2013 以降では使用できません。

環境設定 - Exchange ストア検索ポリシー」をクリックします。



デフォルトで、Exchange ストア検索は有効になっています。この場合、「Exchange ストア検索」バーは青色で、チェックマークと「ON」という文字が表示されます。メニューバーが赤色になっている場合は、Exchange ストア検索は無効になっています。検索機能を有効にするには、「OFF」アイコンをクリックするか、丸い警告アイコンをクリックします。「Exchange ストア検索」バーが青色になり、アイコンの表示が「ON」になります。

感染時

感染時」リストからアクションを選択します。ここで指定するアクションが感染メールに適用されるポリシーとなります。

添付ファイルをテキストで置換する」を選択すると、「テキスト」リンクが表示されます。「テキスト」をクリックすると、「置換用テキスト」ダイアログボックスが開きます。置換用テキストを編集し、「Exchange ストア検索」ダイアログボックスに戻ります。詳細は、置換用テキストの設定を参照してください。

ポリシーのルールが適用されたときに警告を送信するかどうかを任意で指定するには、「警告」をクリックします。詳細は、警告の設定を参照してください。

添付ファイルが暗号化されているとき

添付ファイルが暗号化されているとき」リストからアクションを選択します。ここで指定するアクションが、パスワード保護されたファイルなど、暗号化されたファイルが添付されているメールに適用されるポリシーとなります。

検索レベルやオプションを設定するには、「アクション」メニューから、「Exchange ストア検索の設定変更」をクリックします。詳細は、Exchange ストア検索オプションを参照してください。