PureMessage for Microsoft Exchange について

PureMessage for Microsoft Exchange は、ウイルス/スパム/不要なメールコンテンツに対する統合ゲートウェイおよびメッセージングセキュリティを提供します。

PureMessage は、社内メールを含む送受信メールすべて、および Exchange メッセージストアを検索し、また、脅威削減テクノロジーで未知または新しいメール送信型のセキュリティ脅威からシステムを守ります。

PureMessage for Microsoft Exchange は、1台または複数のサーバー上のメッセージにメールセキュリティ対策を実施する製品です。

主要な機能

  • SMTP トランスポート層におけるフィルタリングで、受信メールが有効な受信者へ宛てられたものであるか、また、ブロックの対象となる送信者から送信されていないかを確認します。
  • 受信、送信、内部メール、および Exchange ストア (メールボックスやパブリックフォルダなど) に対して、SMTP トランスポート層でのウイルス対策を実施します。これにより、メッセージがウイルス検索され、適切なアクション (メールの隔離、感染した添付ファイルの削除など) が実行されます。
  • スパム対策の対象は受信メールのみで、メッセージのスパムスコアを基に、「スパム」または「スパムの疑いのあるメール」でないかをチェックし、適切なアクションを実行します。エンドユーザーは、スパム ダイジェストメールや Web ベースのスパム隔離エリアを利用して、自分宛ての隔離されたスパムメールを管理することができます。
  • コンテンツ フィルタリングは受信、送信メッセージ、および組織内部のメッセージが対象となります。各組織のメール利用ポリシーに従って、不適切なコンテンツをフィルタリングしたり、メール通信を監視します。
  • ダッシュボードは、すべてのサーバーの状態をリアルタイムで一括表示します。画面には、隔離エリア情報に加え、サーバーのステータス、およびメッセージの処理数が表示されます。
  • Active Directory との連携機能で、既存のユーザーやグループをメールポリシーで利用することができます。
  • 受信、送信、組織内部のメールトラフィックに対して個別のポリシーを適用できます。
  • グラフまたは表形式の管理レポートを作成できるため、管理者はメールの傾向やメールポリシーの施行状況を確認できます。