接続

少なくとも 1つのインポートされた接続が利用できる状態であり、かつ必要な認証情報が手元にある必要があります。

接続を確立する方法は次のとおりです。

  1. 接続」ページで対象の接続を選択します。
  2. 接続をダブルクリックします。

    接続」をクリックすることもできます。

    サインイン画面が表示されます。
  3. ユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
    管理者によって、二要素認証が設定されている場合があります。
    • 管理者によって OTP が設定されている場合は、ユーザー名とパスワードの入力に加え、6桁の OTP パスコードを入力する必要があります。
    • 管理者によて Duo 認証が設定されている場合は、接続プロセス中に 1つまたは 2つの Duo プロンプトが表示されることがあります。
    注: プロビジョニングファイルを使用して接続をインポートした場合は、サーバー証明書を検証できない、という警告が表示されますが、「OK」をクリックして続行できます。このメッセージを非表示にするには、管理者に問い合わせてください。
    Sophos Connect で、接続の確立とユーザーの認証が実行されます。
    注: 接続エラーが発生した場合は、「イベント」ページを確認して、社内の IT 部門に問い合わせてください。VPN ログは、メニューアイコンをクリックして、「VPN ログを開く」を選択して確認できます。

リモートサーバーへの接続が確立されます。

接続に成功した場合は、次のアイコンがタスクバーに表示されます。

接続に失敗した場合は、次のアイコンがタスクバーに表示されます。

注: 接続名を変更しても、ファイアウォール管理者から配布されたときの元の接続名が、接続の詳細に表示されます。名前の変更方法については、接続オプションを参照してください。