補助の状態

アクティブ-アクティブモードでは、プライマリデバイスからトラフィックを受信するデバイスを、補助の状態であると表現します。もう 1 台のデバイスが、プライマリの状態であることが前提となります。

アクティブ-パッシブモードでは、トラフィックを処理しないほうのデバイスを、補助の状態であると表現します。もう 1 台のデバイスが、プライマリの状態であることが前提となります。