認証

内部のユーザーデータベースまたはサードパーティの認証サービスを使って、認証を設定することができます。ユーザーは認証を受けるために、認証クライアントにアクセスできることが前提となります。ただし、クライアントレスユーザーとして追加されたユーザーは、クライアントは不要です。XG Firewall では、2 要素認証、透過的認証、ゲストユーザーのキャプティブポータル経由でのアクセスもサポートされています。