BGP

このページでは、BGP ルートを管理できます。

Border Gateway Protocol (BGP) とはパス情報を含むパスベクターのプロトコルで、自律システム (AS) 間のルーティング情報の共有をルーターに許可してループなしのルートを作成します。このプロトコルは一般的に ISP により使用されます。

AS とは、単一の管理エンティティの制御下にあるネットワークまたはルーターの接続されたグループで、共通のルーティングポリシーを共有します。AS を一意に識別するために、一意の AS 番号が各 AS に割り当てられます。AS 番号により、近接の自律システム間の情報を交換します。一意の AS 番号が必要ない場合は、プライベートの AS 番号を使用してください。BGP のプライベート AS 番号の範囲は 64512~65535 です。

BGP は、同じルートの複数のソースから受信した複数のアドバタイズの単一パスを選択します。パスが選択されると BGP はパスを IP ルーティングテーブルに追加し、ネイバーにパスを渡します。

グローバル設定

ルータID
BGP のルーター ID を指定します。
例: 12.34.5.66.
ローカル AS
ローカルの自律システム (AS) 番号を指定します。

許容可能な範囲: 1~4294967295

ネイバー

ネイバーは TCP 接続が構築されるルーター間にあります。このセクションでは、ネイバーの追加、更新、または削除を行うことができます。

ネットワーク

このセクションには利用可能なすべての BGP ネットワークと、関連するネットマスクがリストされています。ネットワークの追加、更新、または削除を行うことができます。