隔離ダイジェストメール

隔離ダイジェストメールは、Sophos Firewall XG105、Cyberoam CR25iNG、Sophos UTM SG105 以降のモデルでのみ利用可能です。

この機能を使用するにはサブスクリプションが必要です。設定はできますが、有効なメールプロテクションサブスクリプションなしでは施行できません。

隔離ダイジェストとは、デバイスによりフィルタされ、ユーザーの隔離エリアに格納されている隔離済みメールのリストが含まれているメールです。構成されている場合は、ユーザーはこのページで定義された配信頻度で隔離ダイジェストを受け取ります。また、隔離ダイジェストにはユーザーポータルへのリンクが含まれています。ユーザーはこのリンクから隔離メールにアクセスして、必要な操作を実行できます。

隔離ダイジェストの設定は、ユーザー全員向けにグローバルに設定するか、個別のユーザー向けに設定することができます。ユーザーは隔離ダイジェストを構成された頻度で受け取ります。

隔離ダイジェストには、隔離された各メッセージの次の情報が含まれます。
  • 日付と時刻: メッセージの受信日時
  • 送信者: 送信者のメールアドレス
  • 受信者: 受信者のメールアドレス
  • 件名: メッセージの件名
注: 隔離ダイジェストは Wi-Fi デバイスには適用できません。

隔離ダイジェストをユーザー全員向けに設定する

隔離ダイジェストの有効化

有効にして、隔離ダイジェストをユーザー全員向けに設定します。

メールの送信頻度

隔離ダイジェストの配信頻度を指定します。

隔離ダイジェストは毎時間、毎日指定した時刻、または毎週指定した曜日/時刻に配信することができます。

送信元メールアドレス

メールの送信元となるメールアドレスを指定します。

表示名

送信者の名前を指定します。隔離ダイジェストはこの名前で送信されます。

テストメールの送信

これをクリックして、メールアドレスの確認メールの宛先となるメールアドレスを提供します。

参照させるユーザーポータルのIP

「参照させるユーザーポータルの IP」ドロップダウンリストからインターフェース / ポート IP を選択します。

隔離ダイジェストメール内のユーザーポータルリンクはこの IP アドレスを指します。ユーザーはリンクをクリックして、隔離されたメッセージにアクセスし、必要な操作を実行します。指定されたインターフェースにアクセスできないユーザーは、各自のアカウントから隔離メールに直接アクセスする必要があります。

検疫レポートをスキップ
「追加」をクリックし、隔離ダイジェストから除外したいメールアドレスを入力します。たとえば、エイリアスメールアドレス 「sales@organization.com」 を追加して、そのアドレスを隔離ダイジェストメールの対象から除外し、そのエイリアスに含まれるユーザーに送信されないようにします。
ユーザーの隔離ダイジェスト設定の変更

クリックして、個別のユーザーのダイジェスト設定を変更します。

これにより、グループの選択、隔離ダイジェスト設定のグループメンバーの更新を行うことができます。

特定ユーザーの隔離ダイジェスト設定の上書き

個々のユーザーの隔離ダイジェスト設定を変更するには、「ユーザーの隔離ダイジェスト設定の変更」をクリックします。これにより、「隔離ダイジェストの管理」という新しいポップアップウィンドウが開き、グループとユーザーを検索することができます。

ユーザーとユーザーグループを個別に検索できます。

隔離ダイジェストを有効にするには、ユーザーのチェックボックスを選択します。有効にした場合、設定した隔離ダイジェスト設定をそのユーザーに適用することができます。