DHCP

ファイアウォールでは、RFC 2131 (IPv4) および RFC 3315 (IPv6) の定義に従って、DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) をサポートしています。DHCP サーバーを使って、ネットワーク上のデバイスに一意の IP アドレスを動的に割り当てることができます。 DHCP リレーを使えば、DHCP サーバーと同じサブネット上にないクライアントに動的にアドレスを割り当てることもできます。 また、リースレコードを表示することもできます。

DHCP サーバーは、指定範囲から一意の IP アドレスをホストに割り当て、ホストがネットワークから離れると、そのアドレスをリリースします。リリースされたアドレスは、再び使用することができます。また、スタティックアドレスを割り当てるようにサーバーを設定することもできます。 DHCP サーバーは、そのサーバーと同じサブネット上のクライアントにサービスを提供するために使用します。

  • DHCP サーバーを作成するには、「サーバー」セクションに移動し、「追加」をクリックします。

DHCP リレーエージェントを使えば、リモートサブネット上の DHCP サーバーや、ローカルサブネット以外に配置されているサーバーから、IP アドレスを取得することができます。DHCP サーバーと異なるサブネット上にあるクライアントにサービスを提供するには、DHCP リレーを使用してください。

  • DHCP リレーを作成するには、「リレー」セクションに移動し、「追加」をクリックします。