HAの無効化

HA はクラスタ内のどのデバイスからでも無効化できます。プライマリデバイスから無効にした場合、HA は両方のデバイスで無効になります。補助デバイスから無効にした場合、HA はプライマリでは無効にならず、スタンドアロンデバイスとして動作します。

HA を無効にすると、専用 HA リンクポートとピア管理ポート以外のすべてのポートは補助デバイスに対して無効になります。ピアの HA リンク IP には、専用 HA リンクポートに割り当てられた IP アドレスが割り当てられ、ピアの管理 IP には、ピアの管理ポートに割り当てられた IP アドレスが割り当てられます。

補助デバイスに対して HA を無効に設定すると、LAN ゾーンにおいてすべての管理サービスの HTTP、HTTPS、Telnet、SSH は許可されますが、DMZ ゾーンでは HTTPS と SSH のみが許可されます。

HA を無効にしても、プライマリデバイス IP スキーマは変更しません。

スタンドアロンマシンから HA を無効にした場合、IP スキーマは変更しません。