クライアントダウンロード

ここでは、シングルサインオン、透過的認証、およびメール暗号化用のクライアントとコンポーネントをダウンロードするときの設定を説明します。

シングルサインオン

Sophosシングルサインオンクライアント (SSO)
ユーザーがネットワークとデバイスに同時にログオンできるようにします。ユーザーのマシン上にクライアントが必要です。
Sophos Transparent Authentication Suite (STAS)
Windows の認証情報を使用して透過型認証をできるようにします。ユーザーは一度ログオンするだけで、ネットワークリソースにアクセスできます。ユーザーのマシン上にクライアントは不要です。
Sophos Authentication for Thin Client (SATC)
Citrix またはターミナルサービスを使用している環境で、透過型認証をできるようにします。ユーザーはネットワーク認証情報を使用して一度ログオンするだけで済みます。ユーザーのマシン上にクライアントは不要です。SATC は TCP 接続にのみ対応します。UDP 接続には対応していません。

認証クライアント

MSI のダウンロード
ネットワーク管理者が Microsoft Installer を使って、ユーザーデバイスに認証クライアントをインストールできるようにします。
MSI の CA をダウンロード
MSI とともにクライアントにインストールするデジタル証明書をダウンロードします。この証明書を使って、ファイアウォールに対して安全な接続を確立できます。
Windows 向けのダウンロード
Windows ユーザーが、ファイアウォールに設定されているポリシーに従ってネットワークにログオンし、インターネットにアクセスできるようにします。
MAC OS X 向けのダウンロード
macOS ユーザーが、ファイアウォールに設定されているポリシーに従ってネットワークにログオンし、インターネットにアクセスできるようにします。
Linux 向けのダウンロード
Linux ユーザーが、ファイアウォールに設定されているポリシーに従ってネットワークにログオンし、インターネットにアクセスできるようにします。
iOS/Android クライアント向け証明書のダウンロード
Sophos Authenticator 内にインストールするデジタル証明書をダウンロードします。この証明書を使って、ファイアウォールに対して安全な接続を確立できます。

SPX Add-In

SPX アドインを使うと、ユーザーが Microsoft Outlook から直接 Sophos メールプロテクションを使用して送信メッセージを暗号化することができます。

インタラクティブなインストールを行うには、setup.exe を実行します。

自動インストールを行うには、次のように指定してインストーラを実行します:

msiexec /qr /i SophosOutlookAddInSetupUTM.msi T=1 EC=3 C=1 I=1
自動インストールには、以下が必要です。
  • Windows XP、Windows Vista、Windows 7、または Windows 8 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Microsoft Outlook 2007 SP3、2010、または 2013 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Microsoft .NET Framework 4 Client Profile
  • Microsoft Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime 4.0