メール

この機能を使用するにはサブスクリプションが必要です。設定はできますが、有効なメールプロテクションサブスクリプションなしでは施行できません。

「メール」タブでは、SMTP/S、POP/S、IMAP/S の設定、メールセキュリティポリシー、SPX (Secure PDF eXchange)、データコントロールを設定できます。

デバイスは、スパム、ボットネット、フィッシング攻撃、スパイウェアなどの混合型攻撃やゼロアワー脅威など、高度な攻撃からシステムを防御するメールセキュリティを提供します。基本のメールプロテクションには次が含まれます。

  • メールサーバーから/へのメールトラフィックを許可または拒否するためのポリシーの作成
  • メールトラフィックへのスパム対策、マルウェア対策、データ保護、ファイル保護の適用
  • SPX
  • スキャンのメールしきい値サイズの設定
  • ウイルス検出時の操作の指定
  • 送信者または受信者に基づいたメールのブロック
  • 特定ファイル形式のメールのブロック

SMTP 導入モード

2 つの導入モードが利用可能です:

  • レガシーモード :
  • MTA モード

レガシーモード :

レガシモードでは、Sophos XG Firewall はメールのマルウェアおよびスパムをスキャンして SPX 暗号化とデータ保護を適用する透過プロキシとして動作します。

MTA モード

MTA モードでは、Sophos XG Firewall はメール転送エージェント (MTA) として動作します。MTA とはメールを受信し、指定した宛先にルーティングするサービスです。

プロキシとしてメールトラフィックを転送するのではなく、メールのルーティングを行う必要がある場合は、MTA モードを使用します。

MTA モードでは、以下の機能を使用できます。
  • メールのリレーおよびルーティングを実行します。メール > リレーの設定 で、メールのリレーを設定します。
  • SMTP ポリシーを使用して複数のメールサーバーを保護します。「メール」 > 「ポリシー」 > 「SMTP ポリシー」の順にアクセスして、メールドメインの保護を定義することができます。
  • 「メール」 > 「メールスプール」で、待機中または配信できなかったメールメッセージを表示します。
  • 「メール」 > 「メールログ」で、デバイスが処理したすべてのメールのログを表示します。