HA の動作

  • ルーティングサービス、VPN サービス、ネットワークサービス、ログオンサーバーは、補助デバイスでは動作しません。
  • セッションフェールオーバーは、AV スキャンされたセッションと、その他の IPv4 転送トラフィック (ICMP、UDP、マルチキャストトラフィック、ブロードキャストトラフィック、プロキシサブシステム (透過 / 直接 / 親) を通過するトラフィック、VPN トラフィックなど) では実行できません。
  • セッションフェールオーバーは、IPv6 転送トラフィック (ICMPv6、UDP、マルチキャストトラフィック、ブロードキャストトラフィックなど) では実行できません。
  • いずれかの HA クラスタデバイスからの手動同期イベントが発生した場合、すべての仮接続はドロップされます。
  • 補助デバイスの Web 管理コンソールには、管理者の権限を持つ「admin」ユーザーのみがアクセスできます。「ライブユーザー」、「DHCP リース」、「IPsec ライブ接続」のページは表示されません。
  • 導入ウィザードは、補助デバイスではアクセスできません。
  • HA の設定後、HA 構成のないバックアップを復元すると、HA は無効になり、プライマリデバイスはバックアップ構成に従ってアクセス可能になります。また、補助デバイスには補助デバイス管理者の IP アドレスを使用してアクセスできます。
  • アクティブ-アクティブモードでは、SMTP プロキシトラフィックはラウンドロビン方式で負荷分散されるので、メールは両方のデバイスで別々に隔離されます。
  • アクティブ-パッシブモードでは、メールはプライマリデバイス上でのみ隔離されます。
  • 隔離ダイジェストが構成されている場合、クラスタ内にある両方のデバイスから、隔離ダイジェストを送信します。
  • 管理者は両方のデバイスから、一部または全員のユーザーの隔離メールをリリースすることができます。
  • ユーザーはユーザーポータルから、隔離されたメールをリリースできます。ユーザーポータルには、プライマリデバイス上で隔離されたメールのみが表示されます。ユーザーは、プライマリデバイスから送信された隔離ダイジェストからも、メールをリリースすることができます。
  • 導入ウィザードを実行すると、HA は無効になります。