IP ホスト

「IP ホスト」ページには、ダイナミックホスト、デフォルトのホスト、手動で追加されたホストのリストが表示されます。

ホストはエンティティの定義を一度だけ許可します、このエンティティは構成全体において複数の参照インスタンスで再使用することができます。たとえば、内部メールサーバーの IP アドレスは「192.168.1.15」であるとします。セキュリティポリシーまたは NAT ポリシーの構成中に IP アドレスを繰り返し使用する代わりに、単一エンティティの内部メールサーバーを IP アドレス192.168.1.15 のホスト名で作成することができます。条件の定義としてホストを使用するすべての構成で、このホスト、内部メールサーバーを選択することができます。

数字のアドレスではなくホスト名を使用することで、変更する場合は IP アドレスが表示される各構成ではなく 1 か所のみで行うことができます。

ホストを使用することで、間違った IP アドレスの入力を削減することができます。また、IP アドレスが読みやすくなるほか、簡単にアドレスを変更することができるようになります。

1つのホスト名に含まれる複数のエンティティが同じ機能を実行する場合は、これらをグループ化することができます。

「IP ホスト」ページには、すべてのダイナミックホストのリストが表示されます。ダイナミックホストは手動で追加したホストとともに、VPN リモートアクセス接続 (IPsec と SSL) およびリモートアクセス接続のデフォルトホスト (IPv6 と IPv4) - ##ALL_RW、##WWAN1、##ALL_IPSEC_RW、##ALL_SSLVPN_RW の作成時に自動的に追加されます。このページでは、新しいホストの追加、既存ホストの更新、ホストの削除を行うオプションを提供しています。
注:
  • システムホストを更新または削除することはできません。
  • VPN リモートアクセス接続の作成時に自動的に追加されるダイナミックホストは削除できません。
  • リモートアクセス接続のデフォルトホスト (IPv6 と IPv4) - ##ALL_RW、##WWAN1、##ALL_IPSEC_RW、##ALL_SSLVPN_RW は更新または削除できません。