IPv6 設定

インターフェースに IPv6 アドレスを割り当てる方法。

スタティック

IP アドレスを指定します。

IPv6/プレフィックス
IPv6 アドレスとプレフィックス。
ゲートウェイの詳細
トラフィックが通過するゲートウェイ。

DHCP

IP アドレスを DHCP サーバーから取得します。

モード
ステートフル方式またはステートレス方式で IPv6 アドレスの割り当てを構成することができます。
  • 自動 DHCPv6 または SLAAC (Stateless Address Auto-Configuration) によって IPv6 アドレスを構成します。RA (Router Advertisement) のメッセージでアドバタイズされた構成フラグ ((M) マネージドアドレス、(O) その他) に従います。
  • 手動 指定したオプションに従って、DHCPv6 または SLAAC によって IPv6 アドレスを構成します。「DHCP のみ」を使用すると、クライアントは DHCPv6 サーバーを使用してアドレスとその他のパラメータを構成します。「ステートレス」を使用すると、クライアントはアドバタイズされた RA メッセージに基づき、SLAAC を使用してアドレスを構成します。「DHCP からの他の設定の承認」を選択すると、DHCPv6 サーバーを使って、その他のパラメータを構成できます。
DHCP 高速コミット
4つのメッセージ交換 (要請、アドバタイズ、要求および応答) ではなく、2つのメッセージ交換 (要請および応答) を使用してインターフェースを構成します。これにより、クライアントをすばやく構成できます。
注: 高速コミットは DHCPv6 サーバー上でも有効にされています。
ゲートウェイの詳細
トラフィックが通過するゲートウェイ。