ライブユーザー

ライブユーザーは現在 XG Firewall にサインしているユーザーです。

XG Firewall には、以下のライブユーザーの種類と、クライアントの種類があります。
ユーザーの種類 クライアントの種類 情報
ノーマル Web クライアント (キャプティブポータル)

認証エージェント (Windows、macOS、Linux)

SSO (Sophos クライアントベースシングルサインオン)

L2TP VPN

IPsec VPN

PPTP VPN

SSL VPN

STAS

シンクライアント (SATC)

NTLM クライアント

Android クライアント (Android 上の認証エージェント)

Android Web クライアント (Android 上のキャプティブポータル)

iOS クライアント (iOS 上の認証エージェント)

iOS Web クライアント (iOS 上のキャプティブポータル)

Radius SSO

eDirectory SSO

Chromebook SSO

ハートビート

ワイヤレス

ユーザーはユーザー名やパスワードなどのユーザー認証情報でサインインします。

ユーザーはユーザーデバイス上の認証クライアントまたは XG Firewall のキャプティブポータルで認証を受けます。

シングルサインオンが設定されている場合は、ユーザーがデバイスでサインインすると、自動的に XG Firewall にサインインします。

以下のクライアントでは、ユーザーの接続を手動で切断すると、ユーザーに通知が送信されます:
  • 認証エージェント
  • Android クライアント
  • iOS クライアント
  • Chromebook SSO
クライアントレス クライアントレス クライアントレスユーザーは IP アドレスで認証され、構成に表示されます。無効化されたユーザーはリストに表示されません。
ゲスト Web クライアント (キャプティブポータル) ユーザーはゲストとしてキャプティブポータル経由でサインインします。

ユーザーの接続は、切断することができます。クライアントの種類によっては、通知を受信するように設定できます。

  • ユーザーの接続を切断するには、該当するユーザーを選択して「切断」をクリックします。通知テキストは変更することができます。変更してから、もう一度「切断」をクリックしてください。
注: クライアントレスユーザーをログアウトさせるには、「切断」を使用しないでください。認証 に移動して、クライアントレスユーザーの状態を非アクティブに変更します。クライアントレスユーザーの接続を切断してから、再度ログインさせたい場合は、認証 に移動して、ユーザーの状態を非アクティブにしてから、再びアクティブに変更します。