メールスプール

メールスプールには、配信待機中またはエラーを返したメールが表示されます。期間を指定して、レコードを絞り込んで表示することができます。

メールスプールはメール転送エージェント (MTA) モードが有効になっている場合にのみ表示されます。MTA モードは、Sophos Firewall XG105、Cyberoam CR25iNG、Sophos UTM SG105 以降のモデルでのみ利用可能です。

この機能を使用するにはサブスクリプションが必要です。設定はできますが、有効なメールプロテクションサブスクリプションなしでは施行できません。

開始日/終了日

期間を指定します。

デフォルト: 現在の日付

受信者のドメイン
メールを表示する受信者のドメインを入力します。
状態フィルタ
以下のフィルタを選択して、メールを絞り込んで表示します:
  • キューに追加
  • 失敗
  • SPX でブロック受信者がパスワードを生成するのを待機しています (SPX パスワードの種類が「受信者が設定」である場合)。
  • Sophos sandstorm: Sandstorm 分析を待機しています。
  • エラー: エラーを起こしたメール。
    注: エラーキューにあるメールのみ、ダウンロードまたは削除することができます。

デフォルト: すべてのフィルタが選択されています

注:
  • Sandstorm 関連のメールを削除または送信再試行するには、Sandstorm アクティビティの読み取り/書き込み権限が必要です。
  • メール送信の再試行は、3日間行われます。それからさらに 4日間経過したメールは、破棄されます。メールログから、破棄されたメールを確認することができます。

選択した設定を適用するには、「フィルタ」をクリックしてくだい。

フィルタのオプションをリセットするには、「クリア」をクリックしてくだい。