OSPF

このページでは、OSPF ルートを管理できます。また、このページではエリア/ネットワーク/インタフェース固有の構成を追加、更新、削除することもできます。

Open Shortest Path First (OSPF) とは内部ゲートウェイプロトコルで、ルーティング情報を単一ネットワーク内のすべてのホストにマルチキャストします。ルーターの接続構成に基づいて各ルーターまでの最短パスを算出し、ルーティング情報をネットワーク上のすべてのルーターに送信します。

OSPF はネットワーク一式をグループ化し、エリアとしてまとまめます。エリアはネットワークの論理的な区域です。各エリアは個別のデータベースを維持し、その情報は接続ルーターにより要約されます。したがって、エリアのトポロジーは「外部」としても知られています。エリアには次の 3 種類があります:

バックボーンエリア

バックボーンエリアは「エリア 0」としても知られており、非バックボーンエリア間の情報を配布します。ネットワーク内のその他すべてのエリアはバックボーンエリアに接続され、バックボーンエリアおよび関連するエリアに接続されたルーターを使用してエリア間でルーティングが行われます。

スタブエリア

スタブエリアはルートアドバタイズを受信しないエリアで、自律システム (AS) の外部になります。これは、共通のネットワークオペレーターにあるネットワークの集まりで、同じルーティングポリシーを共有します。

NSSA

準スタブエリア (NSSA) とはスタブエリアの種類で、制限された量の AS 外部ルートをインポートすることができます。

エリアボーダールーター

エリアボーダールーター (ABR) とは、エリアをバックボーンネットワークに接続し、接続されている各エリアの個別のルーティング情報を維持するルーターです。エリアボーダールーターは、バックボーンエリアに少なくとも 1 つのインタフェースを含む 1 つ以上のエリア内でインタフェースを所有します。

グローバル設定

ルータID
一意のルーター ID を指定します。
例: 12.34.5.66.
詳細設定
デフォルトメトリック
再配布したルートに使用するデフォルトメトリック値を指定します。
メトリックは、特定のルートを選択するかどうかを決定するためにルーティングプロトコルが使用する値を含むプロパティです。
デフォルト: 1
許容可能な範囲: 1~16777214
ABR の種類
エリアボーダールーター (ABR) の種類を選択します。
利用可能なオプション:
  • 標準
  • CISCO
  • IBM
  • ショートカット
自動コスト参照の帯域幅 (メガビット/秒)
OSPF インタフェースコストを帯域幅に基づいて算出するためのコスト参照を指定します。
デフォルト: 100 メガビット/秒
許容可能な範囲: 1~4294967
デフォルト情報の送信元
デフォルトルートの配布を制御するためのオプションを選択します。
利用可能なオプション:
  • しない
  • 標準 – 「標準」を選択し、メトリックを提供してメトリックの種類を選択します。
  • 常時 – 「常時」を選択し、メトリックを提供してメトリックの種類を選択します。
デフォルトでは「なし」に設定されています。
直接接続の再配布
クリックして、OSPF ルーティングテーブル内にある接続済みルートの再配布を有効にします。
接続済みルートの再配布のメトリックおよびメトリックの種類を指定します。
許容可能な範囲: 0~16777214
メトリックの種類: 外部の種類 1 または外部の種類 2
スタティックの再配布
クリックして、OSPF ルーティングテーブル内にあるスタティックルートの再配布を有効にします。
スタティックルートの再配布のメトリックおよびメトリックの種類を指定します。
許容可能な範囲: 0~16777214
メトリックの種類: 外部の種類 1 または外部の種類 2
RIP の再配布
クリックして、OSPF ルーティングテーブル内にある OSPF ルートの再配布を有効にします。
RIP ルートの再配布のメトリックおよびメトリックの種類を指定します。
許容可能な範囲: 0~16777214
メトリックの種類: 外部の種類 1 または外部の種類 2
BGP の再配布
クリックして、OSPF ルーティングテーブル内にある BGP ルートの再配布を有効にします。
BGP ルートの再配布のメトリックおよびメトリックの種類を指定します。
許容可能な範囲: 0~16777214
メトリックの種類: 外部の種類 1 または外部の種類 2

「適用」をクリックします。

ネットワークとエリア
ネットワーク

このセクションには、利用可能なすべての OSPF ネットワーク、関連するネットマスク、所属するエリアがリストされます。

エリア

このセクションには利用可能なすべての OSPF エリアがリストされ、OSPF エリアの種類、認証の種類、エリアのコスト、利用可能な場合は仮想リンクが指定されています。

インターフェース設定の上書き

このセクションからインタフェースの構成を管理することができます。