POP-IMAP スキャンポリシーの追加

この機能を使用するにはサブスクリプションが必要です。設定はできますが、有効なメールプロテクションサブスクリプションなしでは施行できません。

POP-IMAP スキャンポリシーを追加すると、POP/S および IMAP/S トラフィックで送受信されるスパムを検出することができます。

  1. 「メール」 > 「ポリシーと例外」に移動します。
  2. 「ポリシーの追加」をクリックし、「POP-IMAP スキャン」をクリックします。
  3. 名前を入力します。
  4. メールアドレスまたはドメイングループの詳細を入力します。
    送信者

    送信者のメールアドレスの条件を指定します。

    次を含む: 送信者のメールアドレスに含まれるキーワードを指定します。例: キーワード「「mail」」を指定した場合、example@examplemail.com などの送信者アドレスにルールが適用されます。

    次と等しい: 送信者のメールアドレスを正確に指定します。

    キーワードやメールアドレスのリストを追加するには、「新規作成」をクリックします。

    受信者

    受信者のメールアドレスの条件を指定します。

    次を含む: 受信者のメールアドレスに含まれるキーワードを指定します。例: キーワード「「mail」」を指定した場合、example@examplemail.com などの受信者アドレスにルールが適用されます。

    次と等しい: 受信者のメールアドレスを正確に指定します。

    キーワードやメールアドレスのリストを追加するには、「新規作成」をクリックします。

  5. 「フィルタ条件」を以下から選択します。この選択に基づいて、指定した操作が実行されます。
    受信メール:

    次のオプションから選択します。

    スパム スパムの可能性あり ウイルス大量感染 ウイルス大量感染の可能性あり
    送信元 IP アドレス/ネットワークアドレス

    送信者の IP アドレスを指定します。

    メッセージのサイズ

    メッセージのサイズの制限を指定します。

    メッセージのヘッダ

    以下のいずれかのメッセージヘッダを選択し、キーワードに一致するかどうかを調べます。

    件名 差出人 TO その他

    キーワード一致の種類を選択します。

    次を含む: メッセージのヘッダに含まれるキーワードを指定します。

    次と等しい: ヘッダの文字列を正確に指定します。

    なし

    特定の送信者と受信者の組み合わせに常に適用するポリシーを作成します。

  6. 操作を指定します。
    処理

    以下のいずれかの処理を選択します。

    利用可能なオプション:

    許可: メールを受信し、意図した受信者に配信します。 件名にプレフィックスを追加: メールの件名にプレフィックスを追加してから、宛先に配信します。「宛先」フィールドに、プレフィックスを指定します。フィルタの条件を表すプレフィックスを設定すると便利です。 例: 元の件名: テストメール メールの一致条件: スパムの可能性あり 受信者のもとに、以下の件名のメールが届きます。「スパムの可能性あり: テストメール」
  7. 「保存」をクリックします。